コンタクト感染症

Home > 治療内容のご案内 > コンタクト感染症
 

感染の危険からあなたの目を守るために

屈折矯正手術の出現はありますが、コンタクトレンズ装用者の数はまだ伸び続けています。この理由として、単にコンタクトレンズのケア方法のみならず、バイフォーカル、トーリック、カラーなど、その種類においても様々なバリエーションが登場し、個々のユーザーのライフスタイルに応じた自由な選択が可能になったことがあげられるでしょう。
しかしながら、コンタクトレンズが異物であることに変わりはありません。使い方を誤ったり、ケアを怠ったりすると、快適なコンタクトレンズ・ライフに支障が生じます。特に、角膜感染症は絶対に避けたいトラブルのひとつです。たとえうまく治癒したとしても角膜に炎症の痕跡が残るため、視力低下を招くことが少なくないからです。文中にも書きましたが、まさに安全と危険とは紙一重。眼科専門医との密接な連携の中、感染の危険からあなたの目を守る努力が必要なのです。

コンタクトレンズには微生物による汚染の危険性が常につきまとっています。
その第一は手指を介してのレンズ装脱時の汚染ですが、これを防ぐには事前に手指を洗う習慣をつけることしか方法はありません。
第二は保存ケースを介しての汚染で、ケースにしまってさえおけば中は清潔と誤解しているユーザーが意外に多く、大きな盲点となっています。
最後に、まぶたや結膜嚢のうにすむ常在菌による装用時の汚染もあげられますが、これらのうちでは、ケース内の汚染が最も深刻です。アカントアメーバやグラム陰性桿菌かんきんなど、後で解説する角膜感染症の大部分がこのルートにより生じるからです。


ケース汚染-バイオフィルムが鍵

バイオフィルムとは、細菌によって作られたスライムと呼ばれる糖蛋白(とうたんぱく)のコートで、細菌を免疫系や消毒薬などから保護する働きを有しています。しかも困ったことに、バイオフィルムを産生することができる菌は、プラスティック製品などの異物に接着しやすい性質をあわせ持っています。

長時間使用していると、ケース内にはこうしたバイオフィルムに守られた細菌の巣がたくさんできます。煮沸消毒なら死滅させることも可能ですが、近ごろ頻用されているマルチパーパス・ソリューションではなかなか歯が立ちません。

ケース内をいつもきれいにしておくとともに、新しいケースと定期的に交換する必要があります。


感染ではどんな症状が起こる?

角膜に感染が起こると、目が痛くなったり、白目が充血して目やにもでてきます。また、コンタクトレンズをはずしてメガネにかえてもあまりよく見えません。これは、感染によって目に炎症が起き、角膜の透明性が低下したためです。こうした症状が急に起こったら危険信号です。

もちろん、すべてが感染によるものとは限りません。レンズに傷がついていたり、フィッティングが悪かったり、まぶたの裏に炎症が起こっていたりするケースもよくあるからです。

いずれにしても、眼科専門医の診断を仰ぐことが一番です。


アカントアメーバ感染

数あるコンタクトレンズ合併症の中で、最も病状が重くなるのはアカントアメーバ感染症です。
水道水などを介して侵入し、ケース内で増殖したアカントアメーバがコンタクトレンズを介して角膜に感染を起こしますが、ルーズな装用(時々使用する、あまりレンズケアをしない、長すぎる装用、限界を超えた装用、水道水で洗浄)をしている人に圧倒的に多く見られます。
抗真菌薬の投与や病変の掻爬(そうは)などにより治療しますが、病原体がすぐにシストに化けるため薬剤の効果がでにくいことも多く、臨床所見が角膜ヘルペスに似ているため診断が遅れ、重症化するケースもあります。
たかがコンタクトレンズと決して侮ってはいけません。

細菌感染

先進国においては、コンタクトレンズ装用が細菌性角膜炎の危険因子のトップを占めています。
臨床的によく見られるのは、緑膿菌やセラチアなどのグラム陰性桿菌と表皮ブドウ球菌やアクネス菌などのグラム陽性菌です。
実際、レンズケース内の液を培養すると、非常に高い頻度でグラム陰性桿菌が分離されることから、ケースが感染の温床になっていることがうかがわれます。
特に緑膿菌は非常に強い病原性を持つため、迅速な対応が必要で、タイミングを誤ると失明してしまうこともあります。


どんな人が感染を起こしやすい?

感染の危険は誰にでもありますが、中に、普通の人よりも感染を起こしやすい素因を持った人たちがいます。そのひとつが最近増加の一途をたどっているアトピー性皮膚炎で、常在菌であるブドウ球菌の感染が起こりやすいとされています。その他、ドライアイも問題です。前述したように微生物と戦うための武器がもともと少ないからです。コンタクトレンズの装用でドライアイが助長されることもあります。
しかしながら、最も良くないのがケアのルーズな人たちです。コンタクトレンズは異物です。正しいケアを身につけましょう。

コンタクトレンズの消毒法

レンズの消毒の方法は大きく熱消毒と化学消毒とに分けられます。
微生物を殺す力、目への安全性、レンズの洗浄効果などが重要な因子ですが、結論から言うと、これらすべてを満足させる消毒法はありません。
殺菌力からいえば熱消毒の右にでるものはありませんが、特殊な消毒器が必要など手間がかかること、レンズの性能に影響を与えやすいこと、アレルギー反応を起こしやすいことなどから敬遠されがちです。
現在は、すすぎ、消毒、保存というステップがひとつの液で可能なMPSと略称されるマルチパーパス・ソリューションが広く用いられていますが、殺菌力には多少の疑問があります。
どれも一長一短、ユーザーの性格や生活様式に応じて、適切なものを選択すべきでしょう。


処方と定期検査は眼科専門医で

コンタクトレンズが装用可能な目であるかどうかをチェックしておくことは、無用な合併症を防ぐ意味で重要です。一体どのくらいの近視なのか?涙の分泌状態はどうか?まぶたや結膜、角膜に異常はないか?眼底は大丈夫か?など詳しく調べてもらう必要があります。

特に最近では、遠近両用、乱視用、カラーレンズなどバリエーションが非常に多彩なため、眼科専門医でないとなかなか的確なアドバイスは受けられません。
もちろん、度数がちゃんと合っているか、フィッティングは適切かなどについて定期的な検査も欠かせません。

処方と定期検査は絶対に眼科専門医で受けましょう。




診療内容のご案内



白内障
どんな症状

かすんで見える。まぶしく感じ、明るい所で見えにくくなったりします。

緑内障
どんな症状

かすんで見える。まぶしく感じ、明るい所で見えにくくなったりします。

糖尿病網膜症治療
どんな症状

糖尿病の眼の合併症で、、進行すると失明することもあります。

コタクトレンズによる感染症について
どんな症状

感染によって目に炎症が起き、角膜の透明性が低下します。





メガネ、コンタクト処方



森山眼科医院

〒101-0021
東京都千代田区外神田3-13-12 ソフマップ6F
※クレジットカードはご利用いただけません。

スタッフブログ
TEL.03-3251-3938 アクセスマップはこちら
営業時間
Copyright© 2016 – ‘2018’ moriyamagankaiin All Rights Reserved.