糖尿病網膜症

Home > 治療内容のご案内 > 糖尿病網膜症
 

糖尿病が目に影響する理由
糖尿病が目に影響する理由

糖尿病は、体のエネルギー源となるなる血液中のブドウ糖(血糖)が、何らかの原因で過剰となった状態です。
血糖が高いと血液に粘り気が生じ、それが体のあちこちの血管にも影響を与え、やがて血管がぼろぼろになります。糖尿病はいわば血管の病気ともいえます。v
一方、目の中の網膜には、光を感じる細胞がたくさん集まっており、とても血管が豊富なところです。糖尿病では、この網膜の血管にも影響を及ぼします。網膜の小さな血管が詰まりやすくなり、その結果、酸素や栄養が送れなくなって網膜が栄養不足になったり、また血管自体が破れたりして網膜に悪影響を及ぼすのです。


糖尿病網膜症とは

糖尿病にかかってすぐに糖尿病網膜症(以下、網膜症)になるとは限りません。およそ10年後に1/4の人が、そして15年後にはおよそ半数の人が網膜症になると言われています。
この病気の困ったところは、病気は進行しているのに目の痛みや視力障害などの自覚症状や、外見の変化がなかなか現れないことです。それだけに、病気が発見されるのも遅れ、気が付いた時にはかなり重症になっていることも決して少なくはありません。
ですから、糖尿病と診断されたら、ためらわずに目の検査を受けましょう。まず、網膜を診るために、眼底検査を行います。
眼底検査によって、網膜の病変が現われたら、悪化を防ぐために積極的な治療が必要となります。

眼底検査

この検査は、目の中に光を当ててレンズで拡大して眼底を観察します。ただ、瞳(瞳孔)を大きくあけておく必要がありますので、瞳を開く目薬を使うこともあります。その場合、しばらく瞳が開いたままですので、焦点が合わなくなったり、外に出るとまぶしく感じますから車の運転などは避けてください。(検査後3~4時間)

初期の網膜症=単純網膜症

最初は、網膜の中の毛細血管が硬くなり、こぶのように膨らんだり、傷つきます。そのため血液の流れが悪くなり、その結果、にじむように出血したり、血液の成分が漏れたりします。
眼底検査を行うと、網膜に小さな点のような出血や血管のこぶのようなものがあるのがわかります。この状態では、自覚症状は全くありません。


この初期の段階での小さな出血は、血糖のコントロールさえできれば自然に治ることもあります。
治療は、出血を抑える内服薬が必要なこともありますが、やはり血糖をコントロールすることが大切な治療となることはいうまでもありません。
網膜症の進行状態を確認するためにも、半年に1回は眼科の検査を受けます。



少し進んだ網膜症=増殖前網膜症

さらに病状が進むと、硬くなった血管がつまって、出血最寄おこりやすくなってきます。また、血管がつまって、網膜は白い斑点として見えます。
網膜の中で最も大事な黄斑部に浮腫が出てくると、視力が低下することがありますが、症状が目立たずに気づかれないほうが多いのです。
正確な治療を行うために、もっと詳しい検査が必要です。


STEP.1 蛍光眼底検査 ⇒

眼底の写真を撮るのは眼底検査と同じですが、眼底の血管をより鮮明に映すために、血管に造影剤を入れます。
あらかじめ、目薬で瞳を開いておき、造影剤を注射しながら連続して5~10分間ほど撮影を続けます。

検査結果、網膜の血管に異常がある場合

検査の結果、網膜の血管の異常がわかれば、将来新生血管がでてきたり、網膜が剥がれる(網膜剥離)のを防ぐために、網膜の病変部をレーザー光により凝固する治療を行います(光凝固療法)。

STEP.2 レーザー光凝固療法 ⇒

レーザー光は、高熱で病変を凝固する(固める)ことができ、また、非常に小さな焦点をつくることができますので、ごく小さな病変の治療に最適です。
この小さく絞ったレーザー光を病変の範囲によって、多いときには数百ヶ所照射します。

定期的な治療と検査で進行をくいとめる

治療中は、まぶしかったり、ほんの少し痛みを感じることもありますが、1ヵ所の照射は0.2秒程度ですし、1回の治療は20~30分程度です。これを週に1回程度、必要に応じて多いときで4~5回続きます。
レーザー光凝固療法が終わっても眼科の検査は2~3ヶ月に1回は受けるようにします。

この段階で目の異常が発見でき、レーザーにより治療ができれば、80%の人は病気の進行をくいとめることが可能ですし、失明を防ぐことができます。

かなり進んだ網膜症=増殖網膜症

もっと病気が進むと、血管がつまった結果、血液を送るための別のルートをつくろうとして、本来みられない部位に新しい血管をつくります(新生血管)。
この血管はもろく破れやすいので、すぐに出血を起こします(硝子体出血)。
破れた血管のあとからは、本来なかった新しい組織が増殖してきます。これが引きつれを起こしたように網膜を引っ張り、そのせいで網膜が眼球の壁から剥がれるようになります(網膜剥離)。
この段階では網膜剥離が黄斑部に及ぶと視力が急に悪くなるので、すぐに気がつきますが、病状としてはかなり進行しており、やがて失明することもあります。

この場合、レーザー光凝固を行ったり、場合によって出血により濁ってしまった硝子体を手術によって切除することで何とか進行をくいとめることができる可能性もあります。しかし、残念ながらより悪化して網膜がいよいよ剥がれてしまえば失明する恐れもあります。1~2週間に1回、少なくとも月1回の精密検査が必要です。



顕微鏡を用いりながら、直径1mmほどの細い器具を硝子体に入れて、新生血管から出た出血による濁りを取り除いたり、網膜剥離を治す手術です。
成功率が高い手術とはいえ、悪化した状態では視力を完全に戻すのは難しくなります。


失明を防ぐために

何度も繰り返していますように、糖尿病網膜症で問題となるのは、放置しておくと、失明することがあることです。それを防ぐためには、できるだけ、早期の発見と治療が必要です。
症状がなくても、糖尿病であれば、必ず眼科の検査を行いましょう。
また、糖尿病と診断されている人で、もし右のような症状があるときは、すぐに森山眼科医院にご来院下さい。

森山眼科医院では、手術が必要な方には医師より提携病院である日本大学病院アイセンターへ紹介状を出させていただきます。



診療内容のご案内



白内障
どんな症状

かすんで見える。まぶしく感じ、明るい所で見えにくくなったりします。

緑内障
どんな症状

かすんで見える。まぶしく感じ、明るい所で見えにくくなったりします。

糖尿病網膜症治療
どんな症状

糖尿病の眼の合併症で、、進行すると失明することもあります。

コタクトレンズによる感染症について
どんな症状

感染によって目に炎症が起き、角膜の透明性が低下します。





メガネ、コンタクト処方



森山眼科医院

〒101-0021
東京都千代田区外神田3-13-12 ソフマップ6F
※クレジットカードはご利用いただけません。

スタッフブログ
TEL.03-3251-3938 アクセスマップはこちら
営業時間
Copyright© 2016 – ‘2018’ moriyamagankaiin All Rights Reserved.